パワートレーニングの基礎

MinouraのV-270とワットマスターがあるので、近似値的ではあるけど、パワートレーニングをしたいなと。

パワートレーニングはとりあえずFTP(Functinal Threshold Power)を求めないことには始まらない。

アンドリューコーガン流のやり方でFTPを求めるやり方。

  • ウォーミングアップ 20分
  • ウォーミングアップの終わりに、100rpmで公開点ペダリングを1分、休憩1分を3セット
  • 5分クールダウン
  • メインセット 5分 全力走
  • メインセット 10分楽なペース
  • メインセット 20分全力
  • クールダウン 10分
これでとりあえずFTPが求められるらしい。
全体では、1時間10分かかる。
FTPはメインセットの20分全力の部分の平均ワットを計算して、それに0.95をかけたものがFTPになる。
もちろん結構雑な値になると思うけど、何度もFTPを測るうちに徐々に正確な値になっていくのだと思う。
ちなみにメインセットの5分全力走はVO2Maxのワット測定になる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中