VR180カメラを作る

前回、VR180の写真をαで作る話を書いたんだけど、やはり人を撮るには同時にシャッターが切れないとつらい。

そんなわけでMeikeの魚眼をもう一つ買った。

VR180

レリーズケーブルは、中華なレリーズケーブルを2つ買って、適当にはんだ付けしたものを作った。

こいつで同時にシャッターを着ることができるからマニュアルでフォーカスを合わせて、マニュアルで露出を決めたらいい感じで円周魚眼の写真が2枚撮れる。

その後が問題で、以下のフローを実行する必要がある。

  1. lightroomで現像する
  2. いらない部分(上下1000pxずつ)を切る
  3. 2DMで円周魚眼を正距円筒図法(equirectangular)に変換する
  4. いらない部分(左右1000pxずつ)を切る
  5. 左右が少しずれている(レンズの個体差?)のでいい感じなるように合わせる
  6. パイソンのスクリプトでVR180のメタデータをくっつける

見たいなフローになる。超めんどくさい

適当にこのフローをアシストするソフトを書いて、かなり楽になった。

とりあえずα5100、2台でのVR180写真はMirageCameraにくらべて断然美しい写真が撮れる。

まじで感動する。

2018-10-27-CutL0059.vr

けど、見るのがOculusGOに転送して見ないといけないの、大変。

あとはマニュアルフォーカス辛い、マニュアル露出も辛い、レリーズで扱うの辛い

などなど、いろいろ大変なこともあるけど、むちゃむちゃよろしい写真が撮れるので頑張る!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中