Kindleすげえ

もう一年くらい前からちょいちょいiPhoneのKindleで本を読んでいるけども、この2ヶ月くらい頻度が上がってる。

Kinbleは読みたいと思った時にすぐ読めるし、15分くらいの短い時間でも読める。それに自動的な栞機能が素晴らしすぎる。

紙の本を読んでいた時は栞的なものを探して回ったし、それは僕にとってストレスだったみたい。そういうケアが必要無くなったのは細かいことだけど、すごくいい。

今日読んだのは

アップル帝国の正体

アップルのビジネスにおける容赦の無さを書いた本。なんか紙で読んだ気もしなくもない。

こんなに厳しくなければ生き残れないのだろうか。

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った

この本はホリエモンが読んだ本の書評を集めただけで、対して面白くない。Blogでやって欲しい。紹介された本もわざわざAmazonで検索しないと行けなくてうざい。

むしろこの本は元マイクロソフト日本の社長の成毛ちゃんとの対談がオモシロイ。コンピューティングの未来とかコミュニケーションの未来について語り合うところの方がずっとオモシロイ。

僕が印象に残ったのはWeb上でもビデオによるコミュニケーションが必ず盛り上がるという点について、ホリエモンも成毛ちゃんも同意していた所。TwitterのVineは上手く言っているようには見えないけれど、そっちかもしれない。僕はジェットダイスケのやり方が正しいのだと革新を持った。確かにジェットダイスケのやり方はオモシロイんだよね。結局商品の宣伝に近いのに僕は喜んでみてしまう。僕にはオモシロいパーソナリティは無いし、そういうのは得意じゃないけれど、きっと未来はそっち方向にある。そう思った。

 

広告

経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか

経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか

この数ヶ月で読んだ本の中でかなり異質でとても面白かった。

幸せについて書いて有る本はたくさんあるけど、それがどこらか来ているのかその一端を教えてくれた。

資本主義は現代社会ではとても強い力を持っているけれど、それは民主的なのか?

誰が望んで今のような仕組みを作っているか、その辺りを歴史的な支店で教えてくれる。

この作者は書いてあることは数百年前から言われていることだという。

僕たちは十分に物質的には十分に豊なんだろうけど。

「経済発展」が良いことだという常識は僕らの中にだけあるということ。

それを理解しても、それでも僕は満足できない。それは周りの全体の考え方が僕を支配しているからだろう。

宇宙のなぞ

宇宙はどこから始まって、どこへ行くのか。

原子はどうやって形作られているのか。

質量とはなにか。

重力って何が媒体になって伝わるのか。

光子は質量がないけど電子には質量がある。でもどちらもとても似ているが何故か。

そんな疑問にざっくりと概念を教えてくれる本。

僕は最初にこの「重力とはなにか」を読んでなかなかわかり易くて面白かったので、同じ著者の

強い力と弱い力」を読んだ。強い力とか弱い力は強弱じゃなくて、核力とか素粒子に働く力とかを言ってる。

CP対称性が破れるとかって意味がぜんぜんわかってなかったけど、それが根源的な特性を生み出しているのではないかという話。

光子がCP対称性の破れのために質量を持って電子になる?らしい

僕は概念的にしかわからなかったけど、ほんの少しでも何を研究しているのかわかって面白かった。

機械との戦争

インターネットの革命と産業革命がどういう違う性質を持っているか。

インターネットという場所を飛び越える技術は今までの革新とはなにが違うのか、そういうことを書いた本。

僕は松井さんの「企業が帝国化する」と同じようなことを言っているように思う。

富むものはより豊に。

半導体を奴隷にすることでほんの一部の賢い人達がとんでもない量の仕事をこなすプログラムを作るようになった。

過去の奴隷制によるヨーロッパの富とは人権を侵害しないという点や、製造速度、正確さなんやらと大きな違いがある。

半導体、ソフトウェアの強力さ。

僕は某プログラムの収益や影響力を身をもって知ったから、それが真実だと感じるし、信じざるを得ない。