丹後ジギング3度目

はてさて、丹後ジギングでございます。

しかし海況が悪い!

ブリポイントへは行けるのかどうか。とりあえず湾内でサワラ、そのあとハマチ、の予定のようです。

ギリサワラみたいなサゴシ釣れました。

その前にヒットするもバラしております。そんで、リーダーはボロボロになってるんだけど、私気づいておりません。

しばらくサワラ釣りをします。みなさん結構釣れて、太いサワラも上がります。

私の竿には特に感なく。

と、思いきや底でヒットです。

なんかデカめのカサゴ。腹がやけに太いです。

それから丹後エリアから40分程度かけて、高手グリにきました。

おい、高手グリならレンタルボートでいけるやないか!と思いますが、とりあえず釣ります。

ハマチがポコポコつれます。

忙しくて釣れたハマチは足元に放置スタイルです。

そんで、またサワラが元気になってきたらしく、もっかい戻ります。

またもサワラ?サゴシ?みたいなやつをつって本日は終了です。

寒ブリの季節は終わりを迎えていて、寒ブリはなかなか難しいです。

明日は凪なので、行こうと思ったのですが、定員満タンという事で、連チャンできませんでした。

もしや、また来年ということなのかもしれません。

なんて難しいんだろう。思い通りにいきません。

伊勢湾へゆきます

丹後に行こうと思っていたのだけど、海況悪くキャンセル。

釣る気が満々になっていたので、仕方なく伊勢湾の船を予約しました。

伊勢湾にはいい思い出があんまりありません。

とりあえず出庫。前日は何気にホイホイ釣れたようです。

気温が何度か測ってないのですが、とても寒いです!

もっと防寒が必要そうです。

釣り始めてすぐ隣の方とその向かいの方がバタバタっと3匹つりました。

これは期待大か?と思いきやその後伊良湖岬の向こう側朝日グリらへんにいきます。

ベイトがモリモリですがぜーんぜんヒットしません。

魚探の反応的にも良さそうな反応ですが、ダメです。

そんなわけでノーバイトでおしまいです。

やはり伊勢湾は釣れません!

伊勢湾の船団。すごい密度。

丹後ジギング二度目

前回のブリジギング、イマイチ釣れなかったのでリベンジ!

前日も前々日も結構釣れてます!

今日も釣れるはずやで!

白石グリの深場からスタート。

反応はバンバンある模様。でも全然食いません。

なぜ!

3時間ほど白石グリをめぐるも全然食わず。船長は大移動を決めたようです。

向かうはタカグリ、白石グリから1時間ほどの場所です。

他の船長情報ではポツリポツリと釣れてるらしい。

基本船を立ててバーチカルな釣りです。釣りやすくていいですね。

でも反応あれど食わず。誰もヒットしない時間が続きます。

そんなところで、なんとかヒット。

ワラサです。2.5kgほど。いや、釣れるのはいいんだけど、これを釣りに来たわけではありません!

船長も色々考えるもほとんど釣れません。

そんなわけで終了。

ワラサ1のみでした。船中ではワラサ4?くらいの厳しい釣果でした。

これはリベンジをしないと!

丹後ジギング

冬も真っ盛りなので、そろそろ寒鰤の季節やと思います。

いつもの船を借りるやつではブリポイントまでいけないので、丹後の遊漁船にのります。

天候、海況から7時に出発です。

出発と同時に夜明けみたいな感じです。

気温は5℃、表面水温は予報では16℃程度のようです

白石グリからはじまります。

前にいる方がヒット!ブリ的なやつをあげました。

僕の竿にも当たりがありましたがばれます。

ヒットはその一瞬だけで全然続きません。

3時間ほど白石グリ周辺を攻めましたがダメで、冠島へ向かいます。

僕の竿にヒット、水深100mであたるとなんか全然引きが伝わって来ません。キジハタのような微妙な重さがあるだけです。

ですが、ヒットはハマチ40cmほどです。

しかしこんなちいこいヤツのために丹後まできたわけではありません!

船は移動しつつ感度をさがしますが、全然良い反応がありません。

そのまま地合もないまま15時になり、終了です。

よい筋トレの丹後でした。くぅ。

再チャレンジします!

しけの三国

少々波が高め?0.5-0.7mですが、まあいけると思うし、マリーナの人もまあいけるかな、というわけで、三国の海に船を出します。

三国マリーナのレンタルボートはfast23になってしまいました。僕はSRXの方が好きだったので少々残念です。

九頭竜川を下って海に出ます。

海は結構波が高く、風も予報より強いです。

少し反応を見つけて、一投目から釣れました!エソです!いりません・・・

しばしポイントを巡りますが、めぼしい反応がありません。

波も高く、風が強いです。すぐに流されてラインがすごく横に出ます。うん、これは無理かな!

そんなわけで、昼までで終了です。

釣果は、エソ、エソ、エソ、ミドリフグ、エソ、サゴシでした。

イシダイを求めて海へゆきます

気温20℃前後、水温23℃くらい。ウェットは5mm、ウェイトは6kgを装備します。

11時ごろから魚探し開始です。

アジとかスズメダイの群れがたくさん泳いでいます。

早々にちいこいイシダイ、サンバソウをゲット。

追い打ちしたので、当たりどころは微妙です。でも当たりどころとか関係なく、当たることの方が大事です。

同じくテトラでサンバソウを狙っていたらその奥からちょっといいイシダイが出てきたのですかさずゲット。これもまた変なところに刺さってます。

32cmのイシダイ

幸先がいいぞ、というわけで次々狙いますがなかなか難しいのと、昼を過ぎるあたりで魚影が少なくなってきました。

そのあとメバルとウミタナゴを追加で納銛です。

今回は俺的最大のイシダイを捕まえられてよかった!

イシダイと睨めっこ状態になった時にどうすると当てる確率が上がるのか研究する必要がありそうです。

イシダイが耐えきれずに右に行ったので、少し右寄りの泳ぐ先を狙うと、イシダイが体を捻って避けてきます。

どうしたら当たるんや!

カンパチのうみんぴあ

波が穏やかで天候も良いということで、毎度のうみんぴあ大飯マリーナへ向かいます。

潮はあんまり良くないですが、お魚の活性は結構いいようです。

アオリイカを釣ってみたいので、ティップランをしてみますが、イカは魚探に映らないので本当に釣れるか信じられなくて耐えられません。

釣れませんが、そうそうにジギングへ向かいます。

ながさグリにて反応を見つけます。そうそうにサワラをゲット!

サワラ

エソもゲットw

エソ

結構船がいて、良さげなポジションを取れないので、移動します。

高手ぐりを回りますが、あんまり反応がよくありません。

反応を見つけてTGベイトでジギングすると、かかったのはマグロの子供。

これはリリースしないといけません。

マグロ

でっかくなってください。血が出てるけど、大丈夫なんだろうか・・・・

その後、しばらく回るもあんまり反応が見つけられません。腕の問題か・・・

仕方ないで帰るということで、湾口へ向かいます。が、道中なにもないところで良い反応。

カンパチ

カンパチの子供シオです。

カンパチはこんなちっこいのによく引きます。これがでかくなったらものすごい引きをしそうです。

これがダブルヒットして4匹カンパチ追加しました。

全体としてはまあまあ釣れて、食べるのには十分です。

今回も素晴らしい釣行でした。

ミナミの島の市場

ミナミの島の市場へ向かいます。

地図には市場があるのだけど、それがどこにあるのかなかなかわかりません。

が、なんとか探し当てました。

あんまり見たことがない魚が沢山います!

魚を買って、すぐにレストランで調理してもらえるようです。

三大うまい魚の一つ、アカマチ(ハマダイ)を買いました。

半身で1600円ほどです。

アカマチ、頭を味噌汁に、半分を刺し身、半分をマース煮でお願いしました。

どれもめちゃんこ旨い!特に刺し身は美味しいです。湯引きの刺し身ですが、大変食感がよいです。味も大変よろしいです。何に似てるとか言えなくて表現できませんが、感動しました。

次は三大うまい魚の一つアカジンミーバイを食いたいですね!

南の島で魚突き

南の島で魚突きをします。

リーフエッジあたりで魚を探します。

飛行機的な問題で、ウェイトなし、3mmのスーツで挑みます。ウェスト無しで底で待つことは大変です。というか無理です。

珊瑚礁は大変美しくてみとれてしまいます。

とりあえずリーフエッジまで泳いで、ドロップで何度かカラ潜りをします。

小さめのお魚はたくさんいます。たまに大きなチョウチョウウオとかいて面白いです。

美味しいお魚はいるのだろうけど、魚の種類がわからなくてどうしたらよいかわかりません。

でかいのを狙って潜りますがなかなか射程に入りません。何も捕まえずに上がるのはちょっとさみしいということで、射程に入った食べられそうな子を捕まえます。

ミナミイスズミです。

ミナミイスズミ

午前中はこの2匹でした。

ご飯を食べて午後、再度行きます。南の島らしく、もっとトロピカルな魚を取りたい気持ちです。

同じようにリーフエッジに向かいます。

やはりウエイトなしでは着底までに結構酸素を消費するし、着底後も岩につかまっていないとだめでそれもまた酸素を消費します。これはむつかしい!

アオブダイらしき魚影を追いかけますが、追いかけているようでは捕らえることは難しいです。

シマタレクチベラ

そんなわけで、でかいのはまたも諦めてシマタレクチベラです。それでもうれしい!トロピカルです。

そしてまたトロピカルなやつをゲット

モンガラカワハギ

この子は普通にカワハギなので美味しいはずです。ちょっとちいこいけれど。

そんなわけで、Airbnbのお家に帰って魚を焼いて食べます。

どの子もすげーうまいわけではないけど、結構美味しく、大変楽しい海でした。

サメのうみんぴあ

秋の始まりを感じるので、なんぞ釣りに小浜の海へ向かいます。

みなさん湾口や湾内でアオリイカを狙っているみたいです。僕はアオリイカの釣り方を知らないもんで、スルーして、なんとか青物を狙います。

高手グリにくるものの、反応が微妙で魚はいますが、釣れません。

浅グリに移動、反応を見つけたのでジギングします。

きました!ものすごい勢いでドラグが出ます。全然上がってきません。魚かどうか疑うレベルに上がってきませんが、一応少しずつ巻けるので、魚っぽいです。

水面に来ると、なんかグレーの体色がみえます。

どーん。多分クロヘリメジロザメです。

ひとまずリリースします。

そんでまた、似たような強烈な引き!これは間違いなくサメです。

また同じクロヘリメジロザメ。2匹目です。

そんなわけで、他にはツバスが1匹釣れましたが他は全然だめでした。

また青物狙いに行きたいですね!