富山、ナショナルサイクルコースの旅

ゴールデンウィークの始まり、富山のナショナルサイクルコースを走りに出かけます。

ひとまず車で富山へ向かいます。

二人分のチャリをつんでレッツゴーです。インプレッサスポーツは載るような、載らないような。でも2人ならいけますね。

僕は行きたいところにGoogleマップで星をつけているのですが、富山の星はスタバに付いています。

世界一美しいという話のスタバ。

たしかに美しいただづまいです。まあ、とりあえずなんぞ注文しましょう

今日は自転車を外に出しません!船で観光します。富山の産業と歴史を多少たしなみます。

本日の宿はAirbnbです。

ちょっと変わった自転車屋さんが営む宿のようです。

さて、やっと自転車を出します。

富山の海はなんかイマイチ綺麗ではありませんw

歴史的な経緯で運河があってその周りには古い建物がある程度保存されているようです。

この後、強風アンド雨でサイクリング中止です。宿もキャンプの予定でしたが、生命の危機を感じたので違うAirbnbをとりました。

古めのおうちの一室です。お母さんとお父さんが営んでいて、中国人がどうの、爆買いがどうのという話ができて面白かったですね。

3日目、今度は晴れたので本格ライドでございます。

海沿いのサイクルコースです。海の景色はなかなか良いですね。ただ、数十キロも似た感じの景色なのですこし単調かもしれません。

コースは全域に渡って青線が引かれていて、わかりやすいです。意外なところで曲げてくるので少し注意が必要ですw

なんにせよ素晴らしいライドでございました。

2馬力ボートで釣りにゆく

友人の2馬力ボートで釣りへゆきます。

友人のゴムボートは2人のりのカヤックタイプのゴムボートです。

波は穏やか、風もあんまり吹かない予報です。風向きも丘向きの風です。

2馬力のボートは結構遅くて、沖の魚礁へゆくには少々力不足な気もします。

魚礁について釣りをはじめます。魚探に反応はあるのだけれど全然釣れません。ジグで釣れる魚じゃないのか、何が悪いのかよくわかりません。

タイラバにチェンジしてからしばらくしてヒットしました。ホウボウです。

マダイを釣るつもりだったので、外道ではありますが、魚というだけで嬉しいです。

その後も釣りをしますが釣れたのはこのホウボウとカサゴだけでした。

春の釣りは楽しいですね。

美浜、早瀬の大グリを攻めます。

本日もマリンポート美浜にてSRXを借りて釣りに行きます。

しばし船を走らせて大グリに着きますが、全然魚の反応がありません。

ベイトもあまりなく、大グリを何周もまわってなんとか反応を見つけようと頑張ります。

多少ベイトを発見しますが、かなりピンポイントで全く釣れません。

1日粘りましたが、カサゴとエソが釣れるだけで釣ったって感じのお魚は1匹も釣れませんでした。

坊主は悲しいですが、天候と気候がよく、波が穏やかなので、それだけでとても楽しかった釣行でした!

鯛のうみんぴあ大飯マリーナ

釣りの師匠とオフショア行こうって話をしていましたが、海況や都合が合わずなかなか行けません。

が、3月13日、海況は上々というわけで、若狭湾小浜のマリーナ、うみんぴあ大飯より出船します。

ボートはヤマハシースタイルのレンタル艇、SR-Xです。

前日の遊漁船の情報では青物はあんまり釣れてなくて、サゴシ、サワラの釣果のようです。

湾口で反応を探しますが、イマイチ見つけられません。諦めて高手グリへ向かいます。

釣り始めていきなりヒット。

巨大な真鯛です!70cm4.4kgです。

いや、素晴らしい。いきなりすごいのが釣れました。

続いて同じポイントでツバスがちょいちょい釣れます。

その後、ちょっとそだって、ワラサも釣りました。

またツバスをちょいちょい追加、根魚もちょい追加で大変よく釣れました。

動画作りました、ご覧くださいませ〜

シーバスの美浜

冬は海況がなかなか良くなくて船を出せません。

そんな風の合間で、美浜から出航です。

どうにも僕らには狩が必要です。魚模型のネタもありません。

船はSR-Xです。YFR、Fast23より小さくて操船しやすく、操縦席のベンチが良いです

あんまりいい反応を見つけられませんが、釣りたい気持ちが強いので始めます。

やはり根魚。うん、でもなんでも釣れたら楽しいです。

カレイ。この子は根魚より嬉しい。

なかなか良い反応を見つけられないまま時間がすぎます。

そろそろ帰る時間だなー、と帰りつつ大グリのあたりで反応を探します。

見つけました!とてもいい反応です。60gTGをおとしてみます。

じゃーん、新魚種50cmくらいのシーバスです。

ワラサみたいな強い引きはないけれど、そこそこ引いて面白いです。

反応はまだまだいいです。このくらいのサイズのシーバスは群れでいそうなので、何度か同じところを流します。

流すたびに1匹づつ釣れます!たのしい。

最終的に5匹、他にも根ざかなと大変よく釣れた結果になりました。

船の流し方とか、反応の見つけ方とか少しずつわかってきた気がします。まだまだ難しいけれど。

とにかくも何か持って帰る魚があるって素晴らしいです。

釣り、超おもしろ!

遊漁船にのります

冬の日本海、遊漁船に乗ります。

いつも船を借りて釣りをしている同じ海でプロの操船を体験すべく、乗ります。1日一万円と、普通な価格でございます。

7時に出港、30分ほど走ってポイントへやって参りました。

遊漁船は魚探の反応があるところを探します。

反応を見つけたようで釣りを開始します。

船の前の方でヒット!サワラです。

次のポイントへ移動するよってことで、回収していたら私のロッドにも、感あり!

サワラです。ギリサワラと呼んでもいいかも。

とりあえずハマチ釣りに行こうということで、ハマチポイントへ向かうようです。

ポイントについて、釣り始めたらガンガンヒットします。

ハマチがボッコボコに釣れます。なんか10匹くらい釣ったような気がします。食い切れないのでリリースするくらいです。

船の中でガンガンヒットするおかげで、超祭ります。

遊漁船すげぇ。遊漁船同士でどこで釣れているか、バンバン電話しています。

そして、何度かのポイント移動後、祭ったかな?釣れたかな?というフィーリングでまたもサワラきました。

さっきのサワラよりデカイです!75cm、、1.4kgのさわらでした。

遊漁船はすげぇですね。勉強になりました。

小浜沖でサワラを釣る

年明け早々、やってまいりましたうみんぴあ大飯

ひとまず湾口で釣り始めますが、あんまり魚探に映らないので、高手グリへ移動します

移動してわりとすぐに友人にヒット!

95cmのサワラきました!

なかなか引いて面白そうです。

わたしも釣ろうと頑張りますが、釣れません!

その後も高手グリで頑張ります。帰ろうかな、というところでヒットしますが、船縁でバラしました。針に残るはエラのみ・・・

その後湾口でちょっと釣って帰ります

わたしはチャリコのみの釣果でこの子はリリースです。

友人から船長権限の徴税をしまして、サワラを半身納税いただいて、おみあげとなりました。ありがたし。

釣れても釣れなくても海は面白いのかもしれません。

釣れないより釣れた方が面白いけどね!

動画、作りました。是非ご覧ください〜

魚の模型を作る

11月、大垣のクリエーターズマーケット行ったところ、魚の模型を作っている方がいらっしゃいました。とてもいい感じだったのでオオモンハタをゲットしました。

見ると、なんだか作ってみたら面白そうに思います。

アマダイを作りたくなったので、コピー用紙に適当に三面図を書いて、それを縮小コピーしてMDFで作って見ることにします。

バンドソーで適当に外形を切ってから、小刀でシコシコ削ります。

ヒレも薄めのMDFをコッピングソーで切ります。ひとまず外形だけ切って、なんとかします。

いきなりちょっとなめらかになりましたが、300番くらいのヤスリで適当にならしました。

腹ビレは小さすぎてオミットです

一作目はとりあえず形になるかどうかを試したいので適当に進めます。

タミヤのアクリル塗料を筆で塗ります。色は適当に決めました。

あとは目をつけます。釣友に「いい目がないんだよねー」って言ったところ、釣具屋さんにルアー用の目が売っていると教えてもらいました。

まじか!というわけで買ってきました。釣具屋には目がおいてありますw

一作目、アマダイ完成です。

表面処理があんまり良くなくてザラザラです。MDFなのでそんなもんかと思いましたが、弟に見せたところ、MDFも磨けばとてもなめらかになるよ、とのことでした。

よし、次を作りましょう。

次はシイラです。なんならその次のブリ(ワラサ)も書いておきます。

今度は表面を400番、600番でそれなりになめらかに仕上げます。

シイラの特徴的なヒレを作りました。

胸鰭、腹ビレをつけるとすごくいい感じに感じます。これはいいかも!

色塗りは同じくタミヤのアクリル塗料です。

かなりいい感じにできました!

その後もポコポコ作っていい感じになってきました。

釣った魚はまだ何種類かあるので、じわじわ作って行きたいところです。

鳥羽でレンタルボート

日本海は雪なので、太平洋に向かいます。

鳥羽は高速で3時間近くかかるのですが、なんとか行きたいところです。

鳥羽マリーナで、ヤマハシースタイルのSRXを借りて釣りをします。

SRX

鳥羽はタモ、レンタル料金がかかります。二百円デス。

鳥羽マリーナは、なんともいい感じのラウンジがあります。

的矢湾から出たあたりの漁礁で、青物を狙います。

ですが、魚探にはあんまりいい反応がなくて、ウロウロします。いつまでもウロウロしてるだけでは絶対釣れないので、ほどほどで釣り始めます。

ガンゾウヒラメが釣れました。タイラバサビキという、青物釣る気がない仕掛けで釣りました。

その後もなかなか釣れなくて、しかし、もしか青物も釣れるかもしれないということで、TGベイト60gで頑張ります。

そしてまた外道、ホウボウが釣れました。ホウボウ釣ったことがなかったのでウレシイです。

そんなわけで、今回は狙いの青物は釣れませんでした。

ブリがどこにいるのか、水中が広い範囲で見ることは技術的に大変難しくて、経験と勘と友達の情報とか、なかなか初心者には難しいです。

釣れないと、結構ストレスを感じますが、それにも増して釣れた時の盛り上がりが勝ちます。

なんとか釣りたいですね。

小浜でボートを出します

いつも美浜にゆくのですが、美浜は港を工事しているようで、お休みです。

なので、その隣、うみんぴあでボートを借りて出撃します。

ボートはSRX。うみんぴあのSRXにはトイレついてませんが、まあ男ならなんとかなるでしょう。

高手グリを攻めます。

午前中はぜーんぜん釣れません。風はだんだん強くなって、7-8m、波は1m以上ありそうです。

釣れないので、遊漁船がいるあたりを探ります。

ついにヒット!なんか青物感はありますが小さい感じです。

ツバスが釣れました。まあ小さいけれど良いです。

この後2匹同じようなツバスが釣れました。

だんだん釣れなくなってきて、帰る時間が近づいてきます。

アマダイもつりたいので少し場所を移動します。

魚探には底に少しだけ反応があります。

底の方でなんかエソ的な引きの魚が釣れたと思ってグルグル巻いたところ、エソではありません。サゴシです。

美浜で釣ったサゴシよりでかいです。

このあともう1匹サゴシを釣ったのですが、船縁でランディングに失敗してバラしました。残念・・・

そこそこ釣れて楽しめました。何気にブログに書いてないのですが2度ほどうみんぴあに行っていて、両方ボウズでした。

なので、持って帰る物があるのは嬉しいです。

もっとでかいブリを釣りたいところです。