Nokiaが日本市場から撤退するようです

ノキア、日本市場での事業展開を見直し

これが何を意味するのか、たぶん皆さんも同じことを思うと思いますが。

日本市場だけで、現状のケイタイの開発をし続けることは今後どんどん厳しくなっていくということ。

「ガラパゴスケイタイ」はきっと死滅します。日本だけの需要でこれほど肥大化したプラットフォームを維持することはできないんだろうなぁ。

タッチセンサーやら、ワンセグや高性能なカメラ。多大な労力がつかわれていそうです。

でも、市場は日本にしかない。海外では全然売れない。ユーザはきっとタッチセンサーだけに何万円もはらわないよ。

日本のメーカはもっと協力しようよ。日本のなかでシェア争いをしてる場合じゃないよね。協力して、日本の発のプラットフォームを準備しようよ。すべてのケイタイで動くコンテンツを作れる環境を準備しようよ。

それが、新しい日本の標準となり、世界の標準になるようにがんばろうよ。

そうじゃなきゃ、開発者も集まらないし、ユーザもあつまらないよ。

がんばれ日本のメーカー!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中